最近の記事

2007年04月23日

アバターを検知 llSensor()

--------------------------------------------------------------------------------

default
{

state_entry()
{
llSetTimerEvent(読み込みを更新する時間(秒) );
}

timer()
{
llSensor("特定の名前もしくは空白", NULL_KEY, AGENT, 測定する距離m, 角度PI表示 );
}

sensor(integer total_number)
{

センサーにかかった場合は、どう命令をするかを書く

}

}


--------------------------------------------------------------------------------

測定できる距離はだいたい96mくらいマデでした。

あとは、名前を指定しない場合は、一番近くの人を検知します。

また特定の人だけを検出して条件で命令文を動かすことも可能。



タグ:アバター

posted by Son Clave at 19:28 | Comment( 0 ) | TrackBack( 0 ) | スクリプト

humanbar.png

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。