最近の記事

2007年04月23日

オブジェクトを増やす llRezObject

指定したアイテムを増やす(登場させる)スクリプト

オブジェクトに触れば増える方法を書きます。


--------------------------------------------------------------------------------

default
{

touch_start(integer a)
{
llRezObject("アイテムの名前" , 登場させたい座標 , 影響する力 , llEuler2Rot(座標) , 数字);
}

}


--------------------------------------------------------------------------------

増やしたいアイテムは、内容のところへスクリプトと一緒に入れておきます。

登場させたい座標は vector表記で、<X,Y,Z>にします。このとき便利な方法は、スクリプトを入れているオブジェクトの座標をまず、llGetPos();でとり、そこに移動させたい分だけ足すのです。これで簡単に位置をしていできます。

登場するオブジェクトに影響する力は vector表記にしますが、通常は ZERO_VECTOR でいいようです。

llEuler2Rot(座標)は、通常 ROTATIONがはいるのですが、なにもしていしないときには、ZERO_ROTATIONでいいですが、もし変更する場合は、llEuler2Rot(座標)でやったらいいです、この場合は、角度ですので、座標は、<X,Y,Z>であらわします。このときに注意するのは、PI を使った表記で角度をしていするということです。 PI=180度です。PI*2= 360度 です。かけることで数値をかえます。

最後の数字は、0以外をいれたらいいとのこと。



タグ:増やす

posted by Son Clave at 19:06 | Comment( 0 ) | TrackBack( 0 ) | スクリプト

humanbar.png

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。