最近の記事

2007年04月23日

LSLでの型

型というのは、数値や言葉を一次的に蓄えておく箱みたいなものです。しかしながらコンピュータはできるだけメモリーを消費しないように、必要なデータにあわせて最初から箱の形態を指定しておきます。それにより無駄にデータ空間を使うのを防いでいます。


--------------------------------------------------------------------------------

integer 整数

float 小数

vector <"X","Y","Z">であらわす、XYZの座標データ

rotation <"X","Y","Z","S">であらわす、回転のための座標

key UUIDというものを使って、SLの内部にあるオブジェクトや各種データを指定

string 文字列を入れるものです。

list 配列をいれることができます。

--------------------------------------------------------------------------------

違う型のものを違う型に代入することはできません、そのため代入するときには一度、変換しなくてはいけません。

例えば integer型を float型にするには


--------------------------------------------------------------------------------

integer a;

float b;

があるとして、

a = (integer)b;

という感じで、合わせる型を()で先につければOKです。



タグ:

posted by Son Clave at 18:32 | Comment( 0 ) | TrackBack( 0 ) | LSLでの型

humanbar.png

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。