最近の記事

2007年04月23日

オブジェクトの座標を出力 llGetPos()

オブジェクトの座標を出力するスクリプト
実は簡単だったのですが、オブジェクトの座標を出力する方法を探しました。

XYZの座標を文字としてオーナーや人に知らせるスクリプトです。


--------------------------------------------------------------------------------

vector a;

default
{
state_entry()
 {
a = llGetPos();
llOwnerSay((string)a);
 }
}


--------------------------------------------------------------------------------

llOwnerSay や llSay や llWhisper では、string 形式でしか出力できないので、座標の vector 形式を変換しなければなりません。そこで(string)を使うと変換できました。



posted by Son Clave at 18:30 | Comment( 0 ) | TrackBack( 0 ) | スクリプト

humanbar.png

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。