最近の記事

2007年04月23日

プログラム実行に時差をつける llSleep()

プログラム実行に時差をつけるスクリプト
読み込まれて時差をつけてプログラムを発動させるスクリプト


--------------------------------------------------------------------------------

llSleep(数字);


--------------------------------------------------------------------------------

この関数を使えば、数字のところにいれた時間(秒)の後にプログラムが発動できるようです。



タグ:時差

posted by Son Clave at 18:29 | Comment( 0 ) | TrackBack( 0 ) | スクリプト

humanbar.png

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。