最近の記事

2007年04月23日

自動的に回転する llTargetOmega

物が自動的に回転するLSLスクリプトです。Z軸を中心としてゆっくり、反時計回転をします。最初の integer speed=1; の数値が速度になってますので、回転を早めたい場合は数値を上げてみてください。


--------------------------------------------------------------------------------

integer speed=1;

default
{
state_entry()
{
llTargetOmega(<0,0,1>, speed, 1);
}
}


--------------------------------------------------------------------------------

応用偏として、回転をTouchすることによって変化させることもできます。


--------------------------------------------------------------------------------

integer speed = 1;

default
{

touch(integer num)
{
speed++;

if (speed==10)

speed=1;

llTargetOmega(<0,0,1>, speed, 1);
}
}


--------------------------------------------------------------------------------

最初はスピードが1(ゆっくり)でタッチするごとに1ずつスピードアップ、10まで上がったら、1に戻るように設定しています。


--------------------------------------------------------------------------------

スピードで整数でなく、小数点を用いた数値を入れる場合は、

integer(整数)でなく、float(小数点)を用いてください。

つまり、

一行目の

integer speed = 1;

float speed = 0.1;

という風に表記してください。



posted by Son Clave at 18:14 | Comment( 0 ) | TrackBack( 0 ) | スクリプト

humanbar.png

この記事へのコメント

コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。